【3月スロット】ミズホ「アナザーゴッド ハーデス─奪われたZEUSver」機種レポート発行

【3月スロット】ミズホ「アナザーゴッド ハーデス─奪われたZEUSver」機種レポート発行

ミズホの3月頭(未確定?)の新機種「アナザーゴッド ハーデス─奪われたZEUSver」の機種レポートです。

とある方に「なんなのあの馬鹿デカいJPEGファイルは?何か意味あるの?アホなの?死ぬの?」という温かいアドバイスを頂いたので今後はテキスト形式で発行していこうかと思います、検索からも引っ掛かりやすいし過去のレポートも徐々にテキストベースに戻していこうかと思ってます、すいません。

 

導入規模別評価

アナザーゴッド-ハーデス─奪われたZEUSver」機種レポート

※クリックで拡大

 

「アナザーゴッド ハーデス」販売台数

50000台(+7000台) 

 

「アナザーゴッド ハーデス」確率・機械割

 

設定 確率 機械割
1 1/459.4 97.2
2
3
4
5
6 1/252 116.30

 

 

紫7揃い(全設定共通)

1/6553.6

ハーデス図柄揃い(全設定共通)

1/21845.3

GOD揃い(全設定共通)

1/8192(全設定共通)

 

「アナザーゴッド ハーデス」コイン単価

4.6円

 

「アナザーゴッド ハーデス」MY(設定1)

4230

 

「アナザーゴッド ハーデス」天井

・1570G

ループ50%以上+ハーデススタート確定

 

「アナザーゴッド ハーデス」AT仕様

純増2.9枚

1セット50G+上乗せ特化ゾーンスタート

 

「アナザーゴッド ハーデス」万枚達成率(設定1)

5%(ゼウスは2.7%)

 

スペックについて

前作(ゼウスVer)と大きく異なる仕様として下記の3点に注目

  1. ARTからATに変更
  2. G-ZONEを廃止、通常時の解除ゾーン&AT中上乗せゾーンとして「HELL ZONE」の追加
  3. 裏モードの復活

まずARTからATになったことで通常時のリプレイ確率が増加し、それに伴ってベースが増加し(23.5→28.65G/千円)

これは今まで設定推測などに重要となっていたリプ連などの要素も廃止、AT中の黄7連の上乗せも廃止となる。

表面的な部分よりこういった根本の部分の変更のほうが重要だと思うので慎重に判断していきたいところ、個人的には他の追加要素でカバーできているので問題なしと見る。

 

2つ目も基本的には1つ目と同じ理由で注目、通常からの突入は基本的には奇数揃いからの直当りと思っていいので「HELL ZONE」はそこまで影響しないが、内部モードによって重要な要素となるので扱う側もしっかり把握しておきたい、詳細は後述。

ちなみにG-ZONE廃止に伴いGG残りG数0からの挙動が若干異なるので簡単にまとめるとこう

GG残りゲーム数0

 ↓

・【ストック有り】→ベットでジャッジメント(上乗せ特化ゾーン)発動

・【ストック無し】→高確率以降→ループ当選時は前兆を経て発動(32Gくらい?)

終了後に何も引いていないのに高確率から連チャンする場合はループ当選がほぼ確定し熱くなるという仕組み。

 

3つ目の「裏モード復活」ですが、個人的にはこれが今回の肝じゃないかと思います。

前作のゼウスVerが振るわなかったのは裏モード廃止によるゲーム性の浅ささが致命傷だと思っているので今回の裏モード復活は英断、最近の機械はこういう「見えない部分を推測し思い悩みながら期待して打つ」要素がないとなかなか打ち込めないしミリオンゴッドの魅力の中心は初代からこういった「得体の知れない部分」だと思います。

ちなみに今回の裏モードは自力解除ゾーン(AT中は上乗せゾーン)の「HELL ZONE」の抽選確率に影響するのでゲーム性はかなり複雑になる(はず)

ここが長所になるか短所になるかは出たとこ勝負だが、個人的には長所と予想しています。

 

天井について

天井は前回より更に深い1570Gだが、ベースが上がっているので単純にきつくなったとも言えない。

ループ50%も魅力だが、ハーデススタート(平均上乗せ300G)はもっと魅力、確実に稼働を引っ張る要素になるので管理する側も閉店後のデータと睨めっこしつつ慎重に扱いたい、ここらの仕様を上手く使ってこそミリオンゴッドのちからを120%発揮させることができるのではないでしょうか。

ちなみに期待枚数は1500枚前後。

 

GOD揃いについて

GOD揃いは基礎100G+ジャッジメント5個3個ストック(内、1つはハーデス確定)、ジャッジメントの上位が選ばれる確率が優遇されるという仕様で、期待値は3000枚。

開発段階での噂では「一撃5000枚確定!?」という話だったのでちょっと残念、ユーザーは毎G毎Gこの図柄が揃う事をどこかで願いつつ打ちますのでここは5000枚とはいかないものの保険を効かせた確定枚数の仕様が欲しかったんですが流石に無理だったようです。

 

総合

コイン単価、MY、万枚達成率などを見ても多台数の導入は必須、且つ客層のマッチも重要となるので導入する店を選ぶ機械と言えますので、もし店舗規模が小さかったり客層がマッチしない場合は周りの評価は無視してスルーするという決断も必要です、競合店の購入状況などが耳に入って焦って中途半端な台数を買うなら思い切って最初から低貸にぶち込むくらいのほうがマシだと思います。

 

※記事の引用はOKですが、引用元としてリンクの明記をお願いしますm(__)m

※記事の内容に問題がある場合はお手数ですがお問い合わせフォームよりご一報下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
管理人 この記事を書いた人 : [ 管理人 ]
PS座談会ブログの管理人。 業界歴は4年、某パチンコホール企業の「平社員」兼「経営幹部」、主にスロット中心にあれやこれややってます。
WEBサイト:http://pszadankai.com/
実名でコメント
匿名でコメント

【3月スロット】ミズホ「アナザーゴッド ハーデス─奪われたZEUSver」機種レポート発行” への2件のコメント

    • ご指摘ありがとうございました。
      半分酔っ払ったような状態で書いているのでいい加減な情報が多いかと思いますのでおかしなところがあれば是非今後もご指摘下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>